ジェルネイルのやり方とは?

ジェルネイルのやり方とは?

ジェルネイルを自分で始めたい人は多くいると思いますが、正しい方法でジェルネイルやって楽しんでみましょう。
ジェルネイルのやり方は、まずジェルを塗る前に、爪の形を整えることや甘皮の処理をすること、サンディングなどの下準備をします。

爪の形を整えるときは、やすりで先端やサイド、コーナーを順番に削りますが、削るときはやすりを同じ方向に動かして爪にダメージを与えないようにします。
甘皮の処理はセラミックプッシャーという道具を使用すると良く、先っぽにオイルが染み込んでいて爪に優しいからです。
そのセラミックプッシャーで爪のサイドから根元へ回しながら動かし、甘皮を優しく押し上げてあげますが、爪にへばり付いている薄皮を押し上げる感じで処理し、決して甘皮を取り過ぎないようにしましょう。

サンディングは自爪とベースをしっかり密着させるために行います。このサンディングは爪の表面に少し傷をつけてあげます。
こうした下準備が終わったら次はジェルネイルを塗っていきます。

まず、ベースになるクリアジェルを塗ってUVライトで硬化させ、しっかり硬化したのを確認したら次はカラージェルを塗ります。
カラージェルは筆を一定の方向に動かしながら塗り、爪の先までしっかりと色を乗せれば剥がれにくくなります。
また、自爪の付け根から先までジェルを覆うように塗ると良いでしょう。

このカラージェルをライトで硬化させたら、トップジェルを塗って同じように硬化させます。
最後に未硬化ジェルを拭き取って終了ですが、この拭き取りは最後に1度だけ行うようにしましょう。

ライトの種類

ジェルネイルを硬化させるライトにはUVライトとLEDライトの2種類があります。
UVライトの特徴は消費電力が多くて硬化が遅いのですが、安く購入することができます。
LEDライトの特徴は消費電力が少なくて電球が半永久的に使えますが、購入費用がUVライトより高くなっています。

ジェルネイルキットの使い方についてもっとわかりやすく説明しているサイトはこちら