ジェルネイルキットでおすすめな通販をガイド形式で紹介していきます

ジェルネイルのオフのやり方とは?

ジェルネイルのオフのやり方とは?

ジェルネイルはマニキュアとは違い剥がれにくいので長持ちさせることができますが、オフするときは落ちにくいので大変ですしオフのやり方を間違えると自爪を傷めることがありますので注意しましょう。
用意するものは、ジェルリムーバー、アセトン、ネイルファイル、アルミホイル、コットン、綿棒、ウッドスティックなどです。

ジェルネイルのオフのやり方は、まずネイルファイルで自爪を傷つけないようにトップジェルを削り、リムーバーに浸したコットンをネイルにのせます。
10センチ四方にカットしたアルミホイルを第二関節くらいまで巻き、コットンがしっかり指を覆っているか確認しておきましょう。

指にピッタリ巻きつけたら一度くるっとねじってから先端を折り返します。
この状態を10分くらい続けて指先を温めたら、指に塗ってあるジェルが浮いてきます。
そのジェルを剥がしてネイルケアをすれば終了ですが、少しだけ残ったときは綿棒にアセトンを付けて撫でると取れますし、ウッドスティックにコットンを巻きつけても取ることができます。

こうしたオフのやり方よりもっと早くオフするやり方は、最後にビニール手袋に手を入れてお湯で温めるという方法です。
また、ネイルケアでは自爪の根元にクリームをつけてマッサージするように塗り込むと良いでしょう。

ジェル選びのポイント

ジェルネイルで使用するベースジェルやトップジェル、カラージェルを選ぶときにはポイントがあります。
ベースジェルを選ぶときのポイントは縮みが少ないことです。
ベースジェルはライトにあてると縮みますが、縮み過ぎるとやり直しになることがありますので、スムーズにネイルするためにも縮みが少ないジェルを選びましょう。

カラージェルは自分好みの色で塗りやすいジェルを選べばいいのですが、赤や白は生焼けになりやすいです。
トップジェルは操作しやすくて光沢が強い物を選ぶと良いでしょう。
このようなジェルはジェルネイルキットに付属されていますので、キットを選ぶときにジェルも気にしておくと良いです。

参考サイト:ジェルネイルキットに関するお役立ちコンテンツが豊富なサイト

最新記事